で浮き沈みで利益を得る。 ロングとショートの比較 トレーディング

ロング(買い)またはショート(売り)取引することは、デリバティブ取引の一形態です。つまり、かんたんに言うと、ロングは相場が上がることで利益を得られ、ショートは相場が下がることで利益を得られます。 以下は詳細な説明となります。

ロング取引例

ビットコイン(BTC/USD)価格が現在$50,000 USDで、今後24時間以内に何らかの発表があるまで$55,000 USDに達する可能性があると考えたとしましょう。あなたは、100倍のレバレッジで1BTCをロングするか、買い取引をします。 

 

このようなポジションを開くために必要な証拠金は、50,000の100分の1 = 500ドルとなります。

 

数時間後、ビットコインは目標価格の55,000USDに達し、ポジションを決済します。

ショート取引例

イーサリアム(ETH/USD)価格が現在$2,000 USDで、今後24時間以内に何らかのネガティブなニュースにより価格が$1,800 USDまで下落すると考えているとします。あなたは、レバレッジ50倍で25ETHをショートまたは売り取引します。

 

このようなポジションを開くために必要な証拠金は、2,000の50分の1 x 25 = 1,000ドルとなります。

数時間後、イーサリアムは目標価格の1,800USDに達し、ポジションを決済します。

 

登録だけで $120 USD
ボーナスを獲得!

Overbitリワードを利用し、
たくさんのボーナスを獲得しましょう。