買いと売り

どんな相場でも利益が出る

概要

ロング(買い)またはショート(売り)取引することは、デリバティブ取引の一形態です。つまり、かんたんに言うと、ロングは相場が上がることで利益を得られ、ショートは相場が下がることで利益を得られます。 以下は詳細な説明となります。

ロング取引例

ビットコイン/ドル(BTC/USD)の価格が50,000USDの場合を例に考えます。 24時間以内に55,000USDに達する可能性があると考えているとして、レバレッジ100倍で1ビットコインのロング(買い)ポジションを開きます。 

このようなポジションを開くために必要な証拠金は、50,000の100分の1 = 500ドルとなります。

数時間後、ビットコインは目標価格の55,000USDに達し、ポジションを決済します。

				
					Profit calculation on a Long position:
 
Closing price - Opening price x Quantity 
 
= $55,000 - $50,000 x 1 

= $5,000 USD Profit
				
			

ショート取引例

イーサリアム/ドル(ETH/USD)の価格が2,000USDの場合を例に考えます。 24時間以内に1,800USDまでに下がる可能性があると考えているとして、レバレッジ50倍で25イーサのショート(売り)ポジションを開きます。 

このようなポジションを開くために必要な証拠金は、2,000の50分の1 x 25 = 1,000ドルとなります。

数時間後、イーサリアムは目標価格の1,800USDに達し、ポジションを決済します。

				
					Profit calculation on a Short position:
 
Opening price - Closing price x Quantity 
 
= $2,000 - $1,800 x 25 

= $5,000 USD Profit
				
			

取引可能市場